スポンサーサイト       

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとこさ魔法タブ終了       

さて、少しブログの更新をこまめにとか言っておきながらまた長期放置した訳ですが。
家の手伝いをしなきゃならなくなったとかもあったんですが主にマビで何をやっていたのかいうと……

blger1

アルビ一般はもう一生分周った気がします。
たまに報酬で出る中4をAR8P欲しがってた知り合いに押し付けては道中で出たいらないページを貰ったりボス部屋で出る赤クモの両面付いた魔道師の帽子を拾って焼却したり色々と手は打ちましたが結局修練の大半がアルビの報酬のESという。
ていうか遥か昔、R9とかあの辺の時もアルビ一般周ってた記憶が……。

そして念願の

mtab

精霊実体化以外魔法タブが全て限界ランクに。
精霊実体化ががR1になればスキルのランク的には本当の魔法タブ完全制覇な訳ですがさすがにこればっかりはねぇ。
まあジャーナルの事もあるので精霊のSOCはちまちま上げていこうとは思っていますが。
そんな訳であとは調合(INTの為)を上げ終わったらひたすら錬金術にAPふることになりそうです。
APの使い道が単純で良いね!

ところで実はエンチャ終わってからこの記事書くまでにまた時間あいてたりします。
エンチャ終わったあとメインとサブの2キャラ分、料理ランクをR8からR6まで上げるのに必要な本を取る為にひたすら料理ダンジョンやり続けてたのが原因……。
まあそっちも無事に終わった訳ですが。

あと前にスパークとPTヒールについても書くとか言ったような気がしないでもない訳ですが。
よくよく考えるとスパークとPTヒールってほとんど書く事無いんですよね……。
とりあえずスパークに関して言えるのは弱体化装備必須だね!って事とマスター修練は初級の硫黄蜘蛛が楽って事くらいですか……。
初級硫黄蜘蛛でのマスタートレは楽しかったです。
スキルを用意して最初のホールのスイッチに重なるように立ってスイッチを叩き自分にスキルかけるだけ。
後は立ってるだけであら不思議、一回につき30~45は埋まります。
まあ強さの調整ができなければ何の意味も無いですが……。

そしてPTヒールについてですがよくあるのはDK三人をマナトン前に並べておいて放置してもらう方法みたいですが自分はちょっと違いました。
最初はライフを1とかに調整した倉庫キャラを硫黄地帯に放置してもらったんですが結果から言うとこれは失敗しました。
内部でどういう計算になってるのか硫黄地帯の中毒では中々デッドリー状態にはならずデッドリーになってもこの方法だとデッドリー深度が修練に関係するらしくかなり放置してからじゃないと見た目デッドリーでも修練が埋まってくれませんでした。
結局ライフを極力低くしたエルフかエルフ支持の倉庫キャラを3体放置してもらいさらにジャイアントキャラに手伝ってもらい種族PVPをオンに。
そしてダンジョンの角にキャラ並べてもらいジャイにミルをしてもらい即座にPTールの繰り返し。
マナトン前じゃできないのでマナPの出費が痛かったです。
あと間違えて殺しちゃうとキャラ貸してくれてる人は本当に放置してたりするのでなので復活が面倒な事に。
修練は凄く早く進みますが一人とは言えDK並べるよりも必要人数が多いのでできれば楽ですよくらいで。
手伝ってもらった方々には本当にお世話になりました……。



まあ今回はこの辺で。
で、次のネタが全く思いつかない訳だがどうしたもんか……。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Profile
 管理人のcube、両儀死陰が、オンラインゲーム『mabinogi』のプレイ日記や未実装情報、気付いたことやメモを載せたり、イラストや落書きを描いたりしているブログです。

 まったり絵を載せたり、日記書いたり。フリーダムな二人です。
主にマビノギについて書いてます。たまにリアルや他の話題も入ります。

 それぞれのキャラクタープロフィールは画像をクリック。

Category
Recentry
Archives
Other


マビノギ・攻略ブログ
My Links

circussion


twitter : @circussion
pixiv : 久部咲 樫音(478993)

 当サイトはトラックバック・リンクフリーとなっています。ご連絡を頂いたり、リンクして頂いてるのを見かければリンクさせて頂いています。その時は改めてよろしくお願いします。

 リンクバナーはこちらとなっています。持ち帰ってのご利用をお願いいたします。

Link
Twitter
Accessories
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。